読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLれみこの日常

アラサーOLが仕事、恋愛、ダイエットに大奮闘

静けさが呼ぶもの

公務員試験の勉強で1日ずっと机に向かっていると頭おかしくなる!

 

家の中の静けさに耐えられなくなる。

 

じっとしていると辛くなる。

 

もし試験に落ちたらどうしようなどと嫌な考えばかりが浮かぶ。

 

そんなこと言ってる余裕ないだろ?必死でしろ!という気持ちもあるが、どうにも考えてしまう。

 

はぁ。

 

あと3ヶ月。

早く終わりたい。

 

ブレーズ・パスカルは著書『パンセ』の中でこう言っている。

 

「人間の問題はすべて、部屋の中に1人で静かに座っていられないことに由来する」

 

遅い思春期

20代は思春期だったなぁと思う。

 

色々な変な「大人」に巻き込まれて、あちこちぶつかって、楽しい思いもさせてもらって、、、、

 

なんだかんだで公務員を目指すことになり、やっと少し成長できた。

 

20歳からもがいて、色々と経験して、やっとわかったのはシンプルなこと。

 

自分を卑下しないこと。

 

よく働き、よく食べ、よく寝て、よく運動すること。

 

疲れたら休むこと。

 

人の成長は遅いんですね。回り道しないとわからないのかな??笑

 

E,エリクソンは、人間にはその人生の中で8段階にわかれ、それぞれやらなきゃいけない課題があるとした。

 

これ、なかなか当たってると思うんですよね。

 

私はいま自分のアイデンティティーを確立しようとしている所。

 

でも、これはやっぱり自分一人では出来なくて、人間の相互作用、人と関わりまくって辛い思いしてこそ達成できる気がします。

 

なんか今日は泣きたい気分。

ちょっと寝不足が続いて、気持ちが弱ってるようです。

元カレなんて思い出しちゃった。。。

 

新しい人が出来ればすぐ忘れちゃうんだけど、出来ないものだからジメジメ考えちゃう。

 

公務員試験勉強して忘れたい。

 

国際女性デーと人生の後悔

国際女性デー

 

私のスマホにはトップ画面でニュースを表示してくれる機能がついている。

 

その中でも最近気になってる記事が国際女性デーに関するものだ。

 

著名人が、短いけれども、人生のエッセンスが詰まった対談が記事になっている。

 

「寿司と指輪は自分で買え」とか、「やらなかったことは後悔する」とか。

 

そういった言葉に触発されて、自分の人生を振り返る。

 

先日は痛い女について考えたけど、痛い女と言われるのを気にしてやらないのと、痛い女と言われようがやるのとでは、私は明らかに後者を選択するだろう。

 

だろう、というか、すでに選択している。

 

こうやって自分の人生を振り返る。。。。

 

今年で20代が終わる。

 

30歳になる前にこれまでの人生にある程度、区切りをつける必要があると感じる。

 

 

 

痛い女な私

「痛い」

 

もしかして、私って痛い女?

 

自分では「痛い」なんて全然思ってないんだけど!笑

 

東京カレンダーの綾の物語を久々に読んだ。

これ、数年前までの私にそっくりで、読む度に泣いちゃうんだよね。

でも、ネット上ではこの話に対して批判的な意見ばかり見つかる。

 

主人公の綾は痛い女として叩かれてる。

 

うーん。私も痛い女なのか?

 

思い当たる節はありまくる。

 

でも、この話を痛いって批判する人は優等生なんだろうなー。

 

いつ地に足つけられたんだろ。

私にもそのタイミング教えてほしかった!!笑

 

かなり遠回りした20代 だったなぁ。

 

 

 

日記を書く意味

本日2回目。

 

私は一度書いた文章は見返さない。

ほとんど書いて書きっぱなしにしちゃう。

 

だって自分の書いた文章をみるなんて恥ずかしいもん!!

 

見直すってことは、書いていた時とは別の視点から見るってことですよね。

改めて冷静になってみると、こんなバカなアホなこと書いてたのかー!!って消したくなる。

 

だからこの日記はほぼノー修正です。

 

誤字脱字も多いかもしれないけど気にしない。

 

たまーーーーーーーに遥か昔に自分の書いた文章をみて、色々思い出すのは好き。

 

でも、「その時」が来ないと見ない。

 

「その時」は突然お告げのように頭に浮かんでくる。

 

日記みてみたら?って。

 

その声に従って見返してみると、その時にぴったりの示唆が得られたりする。

 

この日記も「その時」のために書いておくのだ。